抽象的、観念的な言葉に気をつけよう。

最近Twitterを見ていて思ったのが、右派左派問わず抽象的な言葉を目的に添える奴が多いなということである。 日本のため、国益を守るため、社会のため、世間への配慮、常識がうんたら、将来のためetc…… しかし、これらの言葉は空っぽである。日本とは何だろ…

トランプ大統領、コロナにかかる

トランプ大統領がコロナに感染したらしい。これは大きなニュースである。もしかしたらこのニュースは後世の歴史家達がイフストーリーで楽しむための一つの玩具になったかも!? アメリカでは今年の11月に大統領選が控えている。コロナにかかったということは…

世界、複雑すぎぃ

夏休みに入り、今日で14日ほどたった。みなさんどのようにお過ごしだろうか。私はゼミ、バイト、読書を中心に生活している。 ゼミの活動は今日で一区切りがつき(とはいってもやることはまだ結構あるけどねっ)、残りの夏休みは読書に明け暮れようと思う。 夏…

語りえないことは沈黙しなければならない。

この頃日本で流行るもの。コロナウイルス。虚言。差別。搾取。東大話法。ルー大柴ばりの英語。責任のなすりつけ合い。楽観論。投機的な取引。汚職。ヤリチン。ヤリマン。不倫。レイプ魔。欺瞞。無能な政府。職業倫理の欠如。なんかやってる感。世論操作に長…

野菜のかき揚げと都知事選とエモいバンド

①野菜のかき揚げ 今日はバイトが夜にあって中途半端な時間に夕食を食べたくないので、早めにバイト先に行き、丸亀製麺でぶっかけうどんと天ぷらを食べました。 うどんはヘルシーでカロリーがそんなに高くないのに満足感がある食べ物です。天ぷらは、野菜のか…

世界システム論講義 感想

最近、休職期間が終わりバイトを再開している。気になるのが、コロナ自粛期間中に調子に乗った鳩どもが糞を撒き散らしているという現状だ。「平和の象徴」として知られている鳩の糞を掃除することによって金を貰うという構図はなんだか「世界システム」と同…

僕の小規模な失敗 感想

最近は1週間が経つのがとても早い。月曜日は授業を受けて課題をやってyoutubeを見て寝る。火曜日は1限の結構難しい講義(先生がむかつくが有能であり、講義は面白いため脳が破壊される)を必死こいて受けて課題をやって寝る。水曜日は英語の授業を適当に受け…

進撃の巨人129話感想

人生に影響を与える作品というのは限られている。そうそう巡り合えるものではない。漫画などは単なる娯楽として消費され忘れられていく。そうした数々の漫画の中で私の心を掴み、その形を変えてしまったのが『進撃の巨人』である。 『進撃の巨人』を知ったの…

チェンソーマン⑦感想

6月。暑さも本格化し夏の到来を感じさせる月。5月病にさよならを告げ生活にメリハリがつく月(人生5月病という救いようのない人間もいるが)。え、もう半年たったの早っ!っていうしょーもない会話が始まる月。そんな6月一発目の漫画は『チェンソーマン』だ!…

カムイ伝①〜③感想

最近(といっても3週間ほど前ではあるが)、ゼミの先生が紹介していた漫画がある。それが『カムイ伝』だッ!1964年から1971年まで『月刊漫画ガロ』で連載されたこの漫画。作者は白土三平。昔の漫画だと侮ることなかれ。「権力」、「差別」、「自然」、「革命…

SPY FAMILY ④の感想

オンライン授業って出席とかない代わりに課題多いよね。今週末までにやらなきゃいけない課題の多さにビビるで!ほんま!夜な夜な課題を遂行するための夜食としての今日の漫画は『SPY FAMILY 』④!感想書いていくぅ! 『SPY FAMILY』4巻。表紙の犬は今巻のヒ…

藤原辰史:パンデミックを生きる指針— 歴史研究のアプローチを読んで

明日はいよいよ高校生とのコラボゼミ。ある資料を読んでそれについて話すというもの。正直全く話せる自信はない。コミュニケーション能力はもちろん、知識においても欠乏している。今回コラボするのは高校3年生。受験生って知識量半端ないんだわ!大学生なら…

眠れないから大学の講義について①

ぐーてんもるげん☆(cv 黒沢ともよ)というふうに健康的な睡眠とさっぱりとした目覚めを望んでいるのだが、中途半端な時間に寝たためどうも寝付けずもうすぐ5:00である。。。どうせ眠れないのだから、昨日の授業でおもしろいと思ったところをPICK UP!! ◯自己…

ウルフ・オブ・ウォールストリート感想

英語の授業の課題で、ビジネスに関連する映画を見てその感想を300語で書くというものが出された。めんどいッっと思いながら、Amazonプライムで適当に選んだのがこの映画!『ウルフ・オブ・ウォールストリート』!その感想を書いていくぅ! 原題『The Wolf of…

人形の国⑥感想

オンライン授業が始まって1週間。オンライン授業そのものは楽でいいが、さまざまな準備に追われ、結構大変だった。。。そんな心の疲れを漂白していくBLEACH以来の驚きの白さを持つこの漫画! 弐瓶勉の連載中の作品『人形の国』6巻の感想を書いていく! 『人…

エヴァンゲリオン同人『RE-TAKE』感想

もう夜中の3:00である。明日も授業あるのに何やってんだ。。。だがッ!読み始めたら止まることのできない面白さがここにはある!ということで久しぶりに読み返したエヴァンゲリオンの同人『RE-TAKE』の感想書いていくぅ! あらすじ 時は旧劇エヴァの最終盤。…

SPY FAMILY①〜③の感想

新型コロナウイルスのせいで外に出ることができないため、話題になっていたSPY FAMILYを読んでみた! 『SPY FAMILY』とは少年ジャンプ+で連載中の遠藤達哉氏による漫画である。「このマンガがすごい!2020」では1位や「マンガ大賞2020」では2位というふうに…

人は死に憧れている

最初のブログからかなり時間が経っている。継続することは難しいことだ。アウトプットのために始めたブログだが、アウトプットどころかインプットもあまりできていない有様だ。 しっかりしなきゃね! 先日、兄貴から勧められて伊藤計劃の『ハーモニー』を読…

ブログ書いてみた

私はとある大学に通う今年で3年生になる大学生である。 最近、ゼミに入り、読書をする機会が増えた。しかしながら、読書をしても自分の身になっているのかどうか正直わからない。知識が右から左へ流れていってしまっている気がする。 それは私の読書の仕方に…